干し柿

d0081524_14512260.jpg


ベランダで干し柿。
子供たちと主人と皆で皮をむいて、へたをひもにひっかけて、つるしました。
しみじみといい時間でした。お正月準備、ってかんじ。


写真がいまいちですが、夕日に照らされると本当に美しいオレンジ色です。
出来上がりが楽しみ(^o^)
[PR]
# by yuhibi | 2006-12-07 14:51 | 暮らし

マクロビ井戸端会議@千葉

先日マクロビ井戸端会議@千葉に参加してきました。

開催場所は中島デコさんのブラウンズフィールドのカフェ「RICE TERRACE CAFE」です。
ブラウンズフィールドは、森と田んぼと畑に囲まれた古民家と手作りの素朴だけど洗練された建物たちが織り成す、静かで、エネルギーに満ちた場所でした。その日は地元の自主保育のサークルの方達が菜種から作る菜種油絞りをなさっていました。
できたばかりのRICE TERRACE CAFEは居心地のよい居間にお邪魔させてもらったような、暖かく心落ち着く空間でした。

そんな素敵な場所での井戸端会議。デコさん、マクロ美風さんを始め、集まった皆様と本当に楽しく心安らいでお話することができました。
デコさんが用意してくださったランチプレートは自家製のコーフーやテンぺ、お野菜を使ったさりげなく、でも本当においしいメニューたちと、マクロ美風さんもコメントされているおいしいおいしい玄米ごはんが、一皿の中に調和して、幸せなお味でした。
d0081524_449371.jpg


デザートは焼き林檎、中華あんまん、甘酒ジュレ、ピーナツバタークッキーから各自好きなものをチョイスできるという贅沢!分けっこしてお味見させてもらいました。どれも優しい甘さでおいしかったです。参加されていたTさんが用意してくださったスイートポテトも加わり、なんとも贅沢な幸せなテイータイムでした。

初めての井戸端会議参加でとっても緊張していましたが、初めてお会いしたかたばかりなのに、ふわーっと心が開いて、お話できました。「これが噂のマクロビ井戸端会議マジックかあ」と密かに思いました^^。

たまたま幼稚園がお休みで一緒に連れていった息子もツリーハウスにに登ったり皆さんにおしゃべりを聞いてもらったりして、楽しく過ごしました。

デコさんといいマクロ美風さんといいマクロを長く実践されているかたはどうしてあんなに、なんというか、すうーっとした爽やかで優しい風のようなのでしょう。デコさんの立っている姿は、なんだか地面から天にすーっとのびている印象でした。
いつかそんな人になりたいな。
気持ちもあらたにマクロビオティックを楽しんでいきたいです。

参加された皆様、素晴らしい時間をありがとうございました。
[PR]
# by yuhibi | 2006-11-29 04:58 | マクロビオティック

味噌作り

d0081524_201048.jpg先日味噌を仕込みました。



d0081524_20262.jpg今年で三年目の味噌作り。熟成中の味噌達。






春と秋、1年に2回の味噌仕込み。一昨年初めて友達と作って以来、季節の恒例となりました。
私はもっぱら麦味噌です。
出来上がったらすぐ使いたくなっちゃいますが、ぐっとこらえて目標は2年熟成!毎年繰り返せば、うまく回って年間自家製で間に合うはず。
でも1年ものでもかなーりおいしいですよー。手前味噌ですが^^。
[PR]
# by yuhibi | 2006-11-21 02:21 | 暮らし

経木

d0081524_23521052.jpg
d0081524_23565857.jpg
息子のちいさなお弁当、おにぎりの上にのせて。
大豆からあげ、かぼちゃと長いもの蒸したの、きゅうりの塩もみ。



d0081524_23581177.jpg
主人の大きなお弁当、アツアツをいそいでふたして、手渡す。いってらっしゃーい。






経木をよく使います。
ホームセンターで100枚入りを求め、我が家のお弁当箱サイズに切っておきます。
まだ熱いごはんやおかずにふたをするときは、経木をのせると、適度に湯気を吸ってくれて、またご飯がかたくなりすぎません。
主人も息子も2段になってるお弁当箱なので、下の段に経木をのせておくと、上の段の底に水滴や油分がつくのも防げます。ほのかにごはんに香りがうつるのもまたよし。
サンドイッチやおにぎり、また揚げ物などをお重のお弁当箱にいれるときも、底にしくと、水分を調節してくれますし、洗い物も楽です。
まだおひつを持っていない頃、典子先生のまねっこで、ボウルに経木をしいてご飯を保存していました。
他にも、野菜などを蒸すとき下にしいたり、おまんじゅうやケーキ、蒸しパンのしたにしいて蒸したりします。そんなときも、いろんなサイズにあらかじめ切っておくとさっと使えて便利です。
[PR]
# by yuhibi | 2006-11-14 00:26 | 暮らし

みなさーん、典子先生のブログ読まれていますか?
先日の「愛」に関するお話、私PCの前でぼろぼろ泣いてしまいました・・・。

赤ちゃんの母親への無償の愛、本当にそう思います。
赤ちゃんは、お腹に宿ったときから、どんなときでも、どんな母親でも、怒りんぼでも泣き虫でもぐーたらでも、全身全霊で信頼してくれます。命をあずけてくれます。「私のために生きていて」といってくれます。これが愛でなくてなんでしょうか。

一人目の赤ちゃんを授かり育てていたとき、「すぐいらいらするし、世話好きでもないし、私は母性愛にかけてるなー」と自分に自信がありませんでした。そんな母親でも、一生懸命泣いたり、ぐずったり熱を出したりなかなか寝てくれなかったりしながら、全身で教えてくれていたのですね。「私のために生きていて」と。
「私はなんのために生きているんだろう。」って思春期の思いをひきずったまま悩みがちのままなんとか大人のふりをしていた私でしたが、子供たちを育てる大変さや喜びのなかで、いつのまにか、強くしぶとく^^そして幸せになっていました。これが愛でなくてなんでしょうか。

母親は赤ちゃんからの無償の愛を素直に感謝して受けとるだけでいいんだな。そしてその愛にこたえるべく楽しく一生懸命生きよう。「愛さなくちゃ!」なんて思わなくっていいんだな。

「七歳までは神のうち」といいますが、赤ちゃんは、神様やご先祖様や宇宙からの愛をたくさんたくさん蓄えて私たちのところにきてくれるのでしょうね。

でもね、きっと私の周りにはいつでも「生きてるだけでいいよ」っていう愛があふれているのですよね。食べ物や空気や水や自然のなかに。私の体の中にもご先祖様の愛がたくさん。
マクロビオティックの食事を続けているうちに自然とそう感じられるようになってきました。
体と心が元気になるにつれ、少しずつアンテナが育ってきたように感じます。

もっと感謝できるひとになりたいな。


d0081524_729215.jpg

おかゆぱん。ジャムを挟んだらスコーンみたいでかわいかったので、パチリ。
[PR]
# by yuhibi | 2006-11-10 07:34 | マクロビオティック

お弁当はたのし

d0081524_13295352.jpg

日曜日に海にいってきました。
サンドイッチにおにぎり、サラダ、フルーツのお弁当。
サンドイッチはゴマバターで、

・かぼちゃのマッシュ
・にんじんとレーズンのマリネ
・豆腐ステーキとレタス、甘みそソース

にんじんとレーズンのマリネは、意外と主人に好評でした。
豆腐ステーキはてりやきバーガーみたいでおいしかったです。
 
小春日よりの海、子供たちは一枚一枚服をぬいでいき、息子は最後には、はだかんぼになって砂風呂していました^^;君たちは自由でいいねー。


d0081524_13302185.jpg

初めて生コーフーを買ったので、主人と息子のお弁当にコーフーカツを作ってみました。
コーンミールの衣です。
おいしー!ソースをかけて、キャベツを添えたら、かなーりとんかつっぽいです。
手作りコーフーもチャレンジしてみたいなー。
[PR]
# by yuhibi | 2006-11-08 13:42 | お弁当

バースデーケーキ

d0081524_019142.jpg

2日は主人の誕生日でした。
ひよこまめさんのブログからヒントをいただいて、穀物コーヒーとココアのチョコケーキに甘栗と豆乳で作ったマロンクリームを添えました。
おいしかったー・・・。見た目濃厚そうですが、軽く2切れはいけます^^。





d0081524_0494990.jpg

「シェフサトウのオールナチュラルデザート」

アメリカのサマーカンファレンスでデザートを担当されていたというサトウサトルさんのスイーツの本です。マクロ仕様ですがかなりアメリカンなクッキー・マフィン・パイ・ホールケーキなどの焼き菓子が魅惑的~^^。特に私は華やかなホールケーキのレシピが大好きです。ほんとーーーにおいしいんです!しかも簡単!
結構ストロングなので普段のおやつというかんじではありませんが、特別な日のケーキはこちらの本によくお世話になっています。
この本は古本屋さんで購入したのですが、前の持ち主の方の書きこみがところどころにあって、それがまたちょっと嬉しいのです^^。
[PR]
# by yuhibi | 2006-11-05 01:00 | パーティーメニュー

ありがとう

d0081524_892232.jpg


同じマンションに住むマクロ仲間のHちゃんにいただいたハロウィンスイーツ!
かぼちゃまんじゅうとかぼちゃクッキー。
おいしかったー・・・。
いつもおしゃれでおいしいマクロのおやつやお料理を作ってくれるHちゃん、いつもありがとう!
彼女は子供を同じ小学校・幼稚園に通わせるママ友でもあり、すぐそばにこんな友達を持つ私はなんと幸運なのでしょう。
[PR]
# by yuhibi | 2006-11-03 08:09 | 暮らし

生姜湯とれんこん飴

しょうが湯
少し前のことですが、幼稚園の息子が「ちんちんがいたい」と言うので、見ると赤くはれています。いつもの倍くらいかなー。まずは主人に聞いてみると、「ばい菌がはいったんだろうなー明日も赤くていたがるようなら病院いったほうがいいんじゃない?」と。
翌日も赤くはれていましたが、本人がいやがらないならお手当てしてみようと思い、大森一慧さんの「自然派ママの食事と出産・育児」を探すと、ありました。「陰茎の先の炎症」、まさに^^。
薄いしょうが湯で洗いました。
コップにぬるくしたしょうが湯をいれ、おちんちんをいれて皮もなるべくむいて洗いました。
意外に神妙に洗われている息子。家族で笑っちゃいました。ごめん。
甘いものや果物はさける、とのことでしたので、できるだけ控えること数日。
それから三日くらいですっかり治りました。
お手当て、素敵。

れんこん飴
喘息もちの主人にと、以前里さんのブログで教えていただいた「節香蓮」を常備しています。
れんこんの粉末なのですが、袋に書いてあるとおり、おゆにといて飲むと・・・飲みづらい・・・。
そこで、米飴と葛と節香蓮を混ぜて火にかけて練って飴にしてみましたら、結構いけるお味に!
ちょっとチョコレート?みたいな味でおいしいんです。主人も「これなら息子も飲めるかもね」と。

土曜日、息子が軽く熱っぽく咳をしていましたので、寝る前に我が家のかぜっぴきの定番「林檎ジュースの葛ゼリー」と、この蓮根飴を勧めてみました。
時間がなかったので、米飴と節香蓮をまぜただけでしたが、やっぱりチョコレート?な味に^^。頑固な息子にしては珍しくすぐぺろっとひとなめ。「ん?」というかんじでしたがまたひとなめ。
「これおいしいね」とたいらげ、もっと!と。おおさじ2杯分くらいは舐めたかな。
翌日は熱はさがり、まだ咳は軽くしていましたので、甘いものはできるだけさけました。
その夜もひとなめ。

今日はもう元気になっていました。

れんこん大好きな我が家、昨日の鉄腕ダッシュで、蓮根とからしを育てて、からしれんこんを作っていて、みんなでくぎ付けでした。蓮根もからしも、とても手間と時間のかかるものでした。
蓮根を育ててくれる農家の皆様、いつもありがとうございます。
[PR]
# by yuhibi | 2006-10-30 12:49 | お手当て

藤井恵さんの本

d0081524_6231137.jpg
「藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのフライパンおやつ」

以前出版されていた「藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ」も、私がマクロをとりいれはじめたころとっても助けられましたが、今回はオーブンを使わないおやつで、パンケーキもさらに作りやすいレシピになっています。スコーンや蒸しケーキもすべてフライパンでつくります。焼き粉ものだけでなく、優しい和風のおやつもたくさん。
素材の組み合わせや和の素材の取り入れ方がほんとに素敵です~。
はちみつやゼラチンはメープルや葛&寒天で代用したり、シンプルなレシピなのでアレンジもしやすそう。



d0081524_674726.jpg
この本より「メープルいもようかん」簡単でとてもおいしかったです。
[PR]
# by yuhibi | 2006-10-28 06:07 | おやつとデザート