カテゴリ:マクロビオティック( 19 )

私は健康?

息子の幼稚園の運動会の係りを引き受けて毎日楽しいです。
とてもおもしろい幼稚園で、運動会の運営部分はほぼお母さんお父さんが引き受け、園長先生以下先生がたは子供たちが思いっきり運動会を楽しむための手助けに集中します。見ている家族もお手伝いのお母さんも子供たちもとにかく楽しい運動会です。

その係りの中の一つのチームのリーダーをしているのですが、いやー楽しいです。
チームのメンバーのことや、他のチームとの関わりや、いろんなことを一生懸命考えて進んでいくのは、大変だけど楽しい。

そんな日々の中、実は食に関しては・・・かなりワイルドです。
ドーナツたんまり食べたり、コーヒーたくさん飲んだり、朝から過食したり。
きっと陽性になりすぎているんだろうなー。
でもあんまり気にならない。

私からだと心を健康にしたくて食や生活を気をつけていたけれど、なんだか最近どうでもよくなってきて、自分の欲求に身をまかせてます。

でもそれってきっとマクロをある程度続けたことで体が健康になってきたからこそ、だと思います。健康な人って決して健康オタクにはならないような気がする。

でも陰性のものの取りすぎか、最近日焼けがいちじるしい・・・。
まあしょうがない。自分が食べたかったんだもの。そんな自分でも全然いいよ。毎日一生懸命だものね。
こないだ娘を怒りすぎちゃったけど、しょうがない。ごめん、娘よ。こんなママで。
でもそんなときもあるの。今日は一緒にいっぱい遊ぼう。

そんな気分です。
[PR]
by yuhibi | 2007-09-21 18:31 | マクロビオティック

肝臓さんいつもありがとう。

春だから「肝臓くん応援キャンペーン」中です。
朝食は抜いて、朝は肝臓くんが働きやすいようにします。
白砂糖、添加物、アルコールは控えめにして、全体もなるべく小食(これはあんまり守れてないけど^^;)に・・・。
今日は目が疲れたなーと思ったら目の温シップ。

そうしていたら肝臓くん元気になってきたのか、自然と春と肝臓に対応した食べ物がやたらとたべたくなってきました。
麦、梅干、わかめ、のり、レモン、かぶ、葉物などなど。これらをさっぱりとサラダや浅漬け、和え物などで食べるのがたまりませーん^^。あと、いちご!お安くなって、デザートにも使いやすくなりましたねー。
麦は粉ものでなく、そのままの粒を食べたい感じ。いつもの圧力鍋炊き玄米が重いなーと思って、玄米や五分搗き米にもち麦を混ぜたりしてます。
白米の罪深いおいしさもまた魅力的で、「白いご飯にのりと梅干、っくーっ、やっぱ合うなー」などと1人ごといってます^^;ぬかはふりかけやお菓子やカレーに使うのに重宝します。
去年漬けた梅干がまたちょうどいい感じになっていてうれしくなっちゃいます。

麦と春野菜のスープなんかもおいしいなー。海草ともやし、きのこなんかをあわせた軽いお味噌汁もいいな。
[PR]
by yuhibi | 2007-04-07 22:34 | マクロビオティック

おひさしぶりです。

気づけば2ヶ月も更新していませんでした。

走り始めたのがきっかけだったのか、たまたまそういう時期だったのか、今年の春の排出はとってもお盛んでしたー。
背中や首がいたくなって高熱が出たり、せきとたんと微熱が続いたり、まるまる一ヶ月ほどかぜっぴきでした。


2月、雑誌「つぶつぶ」に連載されている奥谷まゆみさんの生理についてのたった1ページの文章に、はじけるような勢いとこめられた思いを感じて、さっそく著書を取り寄せてみました。
「整体指導きらくかん」を主宰されているかたです。本はほんとーにおもしろくてわかりやすくて、すっかりはまりました。
過食もいらいらも性欲もくしゃみもせきも、みんなみんなより良くなるためのイノチの働き。
情報を集めて体をコントロールしようと一生懸命な私だったけど、もっと自分の体に聞いてみよう、お任せしてみよう、って思うようになりました。
目とアタマの酷使をさけ、なるべくぼーっと過ごしてみました。

そうするうち、長時間パソコンを見ることが苦手になって、(気持ちが悪くなるんです・・・)、すっかり皆様のブログやホームページを見ることも少なくなり、気が付けば2ヶ月も更新していませんでした。

そして春の大排出。でもなんだかうれしくもありました。「体さんきれいにしてくれてありがとう。いつも食べすぎでごめん!」って思いました。

おもむくままに食べたいものを食べていた2ヶ月でしたが、やっぱりマクロの範疇の食べ物が体さんは喜んでいるようです。白砂糖はやっぱり感情の起伏がはげしくなるし、注意力がなくなります。
あとはやっぱりやっぱり腹八分目ですなー。食べ過ぎるといらいらするのがよくわかります。

でもお友達のうちでいただくお菓子やいただきものは、おいしくいただきまーす。食べ物とも一期一会!なにか必要があって、私のところにきたはず。でも白砂糖や添加物の害のこと少しずつ伝えていきたいです。

そういえば、目標といっていた10㌔完走、なんとか達成しましたー。
直前1ヶ月ほとんど走れなかったので、というか走りたくならなかったので、心配でしたが、まあなんとかなりました。楽しかったなー。かわいくておしゃれな女性たちがたくさんいて、私もかわいいウェアでかっこよく走りたいなーって思いました^^。
[PR]
by yuhibi | 2007-04-02 16:39 | マクロビオティック

いろいろなレシピ

d0081524_13224890.jpg


ヘビーローテーションのレシピ本たち。

一口にマクロビオティックのレシピといっても、著者の個性によって様々。

レシピは見ないで自分の好きに作ることが多いですが、時間のあるときはレシピ本もよく参考にしています。
その日の家族と私の様子で、「今日はパトリシオさんのレシピで癒されたいなー」とか「今日は大谷さんレシピで元気に行こう」とか「今日は善右衛門さんでパパ好みに」とか「今日はシンプルにきりっと西野さんレシピで」とか、その日の直感で選んでるみたいです。
こうして見ると、クシ先生、大森一慧先生、リマ先生、大谷さん、と様々なマクロの流れから汲み取ってきたレシピたちがそろってるな^^。贅沢だわー。

もちろん仕上がりは作る私の個性が一番出るのですけど。

決まったレシピなんてない。
ただ目の前の食材たちとマクロビオティックの理論があるだけ。
頭で考えずに、体で、直感でお料理できますように。

お料理だけじゃない。なんでも体で、直感で物事を感じて選びたい。
そして楽しく元気に生きて、老いていきたい。
[PR]
by yuhibi | 2007-02-06 13:22 | マクロビオティック

おだしのこと

d0081524_1340418.jpg


最近の我が家のおだしは、こんぶと干ししいたけとお水をピッチャーにいれて冷蔵庫においてあるものを使っています。

典子先生の本で知った「こんぶだけ(より陽性)」「干ししいたけだけ(より陰性)」のおだしを別に冷蔵庫にいれて使い分けたりした時期もありましたが、減る速度も違うし、めんどくさいし^^;新鮮なほうがいいかなと思い、今にいたります。

このおだしは味が濃厚でとても甘くなるので、主人や子供たちにうけがいいです。
とくにおだしをかえたよ、なんていうわけではありませんが、お味噌汁やスープを飲む顔つきに満足感を感じます^^。

昆布だけのおだしにしたいときは、具と一緒にこんぶをいれて煮ます。
大谷ゆみこさんの「野菜だけ?」では煮物やスープを煮るとき直接昆布をいれていて、それで十分おいしかったので。
「野菜だけ?」にある、干しシメジのおだしもとってもおいしいです。しめじを3日ほどお日様に干してからからにするだけで作れます。

おだしを使わず水だけで具材のうまみを引き出したスープも大好きです。
おいしいお野菜や乾物ならではのものですねー。

かつおやいりこのおだしもおいしいんですけどね。
たまに外食でいただくぐらいでいいな。
[PR]
by yuhibi | 2007-02-02 13:40 | マクロビオティック

気軽な良さ

d0081524_1037526.jpg


先日帰省のときに羽田空港へ向かう途中、品川のママンテラスに寄り道しました。
気軽に入れるマクロカフェで、価格帯もお手ごろ。マクロ食材やスイーツ、お弁当も買えて、ほんとに便利です。
ランチして、長逗留に向けてこれだけは持っていこう!と梅醤番茶とごま塩、葛、塩など購入しました。

その梅醤番茶とごま塩、こちらに帰ってからもとても重宝してます。
今まで両方作っていたので、市販のものは初めて使ったのですが、やっぱりこの手軽さはいいですねー。
ごま塩も私がいつも作っているのより薄味で、これぐらいの塩の割合もいいなーと発見。
アイリスの梅醤番茶もおいしい!

自分で調節して作るのが一番美味しいですが、面倒だったり材料がそろわなかったりしてやめてしまうよりは、気軽に続けられるのがいいなーと思います。
[PR]
by yuhibi | 2007-01-15 10:37 | マクロビオティック

今年は

遅れ馳せながら、2007年の初ブログです。
今年もどうぞよろしくお願いします!
コメントをいただいた皆様、ありがとうございます!
細々とですが更新していきたいと思いますので、ときどきのぞきに来てやってくださいませ。

年末年始は主人の実家(北国)へ帰省して参りました。
長い滞在でしたので、お義母さんにお願いして、玄米を炊かせてもらいました。
小学生のいとこたちも玄米に興味しんしん。「結構おいしいねー」と。
ときどき野菜たっぷりのお味噌汁など作らせてもらったり・・・。
少しずつ、私達の食生活のこともお話しました。マクロビオティックという言葉は出しませんでしたが・・・。
そしてお義母さんのお料理をおいしくいただきました。
特に北国の郷土料理(みがきにしんを麹に漬けたものや、糠漬けのふきを煮つけたもの、あらめとかずのこ・するめ・あわびをあわせたもの、などなど)がおいしくてかったです。


こちらに帰ってからは、いつものマクロご飯がやっぱり心にも体にもおいしくてやさしいなーと再確認しました。


さてさて今年のマクロライフの目標は・・・。
「食べ方」をよくしたいです。
昨年は過食気味でした。どんなに良い食べ物でも食べ過ぎたら体調も心も調子悪くなるのですよねー。
ゆっくりよく噛んで食べる・小食をこころがけて、充実した気持ちいい日々をおくりたいです。
そして、家族に愛されるかわいいのんびりおかあさんを目指したいです^^。
[PR]
by yuhibi | 2007-01-09 15:13 | マクロビオティック

マクロビ井戸端会議@千葉

先日マクロビ井戸端会議@千葉に参加してきました。

開催場所は中島デコさんのブラウンズフィールドのカフェ「RICE TERRACE CAFE」です。
ブラウンズフィールドは、森と田んぼと畑に囲まれた古民家と手作りの素朴だけど洗練された建物たちが織り成す、静かで、エネルギーに満ちた場所でした。その日は地元の自主保育のサークルの方達が菜種から作る菜種油絞りをなさっていました。
できたばかりのRICE TERRACE CAFEは居心地のよい居間にお邪魔させてもらったような、暖かく心落ち着く空間でした。

そんな素敵な場所での井戸端会議。デコさん、マクロ美風さんを始め、集まった皆様と本当に楽しく心安らいでお話することができました。
デコさんが用意してくださったランチプレートは自家製のコーフーやテンぺ、お野菜を使ったさりげなく、でも本当においしいメニューたちと、マクロ美風さんもコメントされているおいしいおいしい玄米ごはんが、一皿の中に調和して、幸せなお味でした。
d0081524_449371.jpg


デザートは焼き林檎、中華あんまん、甘酒ジュレ、ピーナツバタークッキーから各自好きなものをチョイスできるという贅沢!分けっこしてお味見させてもらいました。どれも優しい甘さでおいしかったです。参加されていたTさんが用意してくださったスイートポテトも加わり、なんとも贅沢な幸せなテイータイムでした。

初めての井戸端会議参加でとっても緊張していましたが、初めてお会いしたかたばかりなのに、ふわーっと心が開いて、お話できました。「これが噂のマクロビ井戸端会議マジックかあ」と密かに思いました^^。

たまたま幼稚園がお休みで一緒に連れていった息子もツリーハウスにに登ったり皆さんにおしゃべりを聞いてもらったりして、楽しく過ごしました。

デコさんといいマクロ美風さんといいマクロを長く実践されているかたはどうしてあんなに、なんというか、すうーっとした爽やかで優しい風のようなのでしょう。デコさんの立っている姿は、なんだか地面から天にすーっとのびている印象でした。
いつかそんな人になりたいな。
気持ちもあらたにマクロビオティックを楽しんでいきたいです。

参加された皆様、素晴らしい時間をありがとうございました。
[PR]
by yuhibi | 2006-11-29 04:58 | マクロビオティック

みなさーん、典子先生のブログ読まれていますか?
先日の「愛」に関するお話、私PCの前でぼろぼろ泣いてしまいました・・・。

赤ちゃんの母親への無償の愛、本当にそう思います。
赤ちゃんは、お腹に宿ったときから、どんなときでも、どんな母親でも、怒りんぼでも泣き虫でもぐーたらでも、全身全霊で信頼してくれます。命をあずけてくれます。「私のために生きていて」といってくれます。これが愛でなくてなんでしょうか。

一人目の赤ちゃんを授かり育てていたとき、「すぐいらいらするし、世話好きでもないし、私は母性愛にかけてるなー」と自分に自信がありませんでした。そんな母親でも、一生懸命泣いたり、ぐずったり熱を出したりなかなか寝てくれなかったりしながら、全身で教えてくれていたのですね。「私のために生きていて」と。
「私はなんのために生きているんだろう。」って思春期の思いをひきずったまま悩みがちのままなんとか大人のふりをしていた私でしたが、子供たちを育てる大変さや喜びのなかで、いつのまにか、強くしぶとく^^そして幸せになっていました。これが愛でなくてなんでしょうか。

母親は赤ちゃんからの無償の愛を素直に感謝して受けとるだけでいいんだな。そしてその愛にこたえるべく楽しく一生懸命生きよう。「愛さなくちゃ!」なんて思わなくっていいんだな。

「七歳までは神のうち」といいますが、赤ちゃんは、神様やご先祖様や宇宙からの愛をたくさんたくさん蓄えて私たちのところにきてくれるのでしょうね。

でもね、きっと私の周りにはいつでも「生きてるだけでいいよ」っていう愛があふれているのですよね。食べ物や空気や水や自然のなかに。私の体の中にもご先祖様の愛がたくさん。
マクロビオティックの食事を続けているうちに自然とそう感じられるようになってきました。
体と心が元気になるにつれ、少しずつアンテナが育ってきたように感じます。

もっと感謝できるひとになりたいな。


d0081524_729215.jpg

おかゆぱん。ジャムを挟んだらスコーンみたいでかわいかったので、パチリ。
[PR]
by yuhibi | 2006-11-10 07:34 | マクロビオティック

マクロビオティック初めての冬は

マクロビオティックで初めて迎える冬は、寒さがこたえる方が多いようです。
私も昨年の秋冬はとにかく寒くて、気持ちもなんだか思いつめがちでした。

体を温めたり気持ちを安定させる女性ホルモンが働くのに、ブドウ糖が必要です。本来は炭水化物などの多糖類からからだの中でブドウ糖を作り出すのですが、砂糖や脂肪をとることをやめると、自分がブドウ糖を作り出せないことに気づきます。それで生理がとまったり、冷える、落ちこむなどの症状がでてきます。

今まで数十年続けてきた食生活。あやういながらも自分なりのバランスができていたものを、突然変えるわけですから、それはやっぱり体もびっくりです。でも頑張って新たなバランスを身につけようとしてしてくれています。そこにただでさえさむーい冬、そりゃあつらいはずです。

秋冬の冷えや体調不良のお助け食材や薬膳など、私が実際に使って役だったものをご紹介します。


食材
もち玄米(玄米に2,3割まぜて炊く)、きび・あわ等の雑穀類、玄米餅(焼いたり、お雑煮、みそ汁、おしるこ等)、玄米甘酒(自家製も意外と簡単です)、葛、丸い野菜、根菜

薬膳
梅醤番茶(一時期は毎朝飲んでいました)
甘い野菜のスープ(いつも三日坊主ですが・・・)
あめ葛湯(心が落ち着く)
ねぎ味噌(おかゆにのせるとおいしい)

お手当て
しょうが湿布、しょうが湯
これは本当におすすめです。風邪のひきはじめや疲れたときに。体が暖まり、ぐっすり眠れます。肩こり、背中のすい臓、腎臓の辺りをあたためるのは、疲れやすい、冷える人などあらゆるひとに良い。
(注!)ただし妊婦、頭蓋部には絶対にしない。癌の人もアドバイスなしにしない。

生活

腹巻、五本指ソックス、首の周りにストール(皆天然素材のもの)、もこもこブーツ
熱いタオルで体をこする。循環がよくなり暖まる。手足だけでも。熱いタオルがめんどいときは乾布摩擦でも。
ヨガやストレッチ、散歩で体を動かす。

気持ち

take it easy!
必ず良い方向に行きます。
楽しいことの前にはつらいこともありますが・・・。
本やセミナー、ネット、友達から情報を得て正しい知識と理解。
知ることで、実践がより楽しく自信が持てます。
試行錯誤を繰り返しているうちに、自分なりの方法に自信がもてるようになります。
 
       
1年、四季をひとめぐりするとよい、と聞いていましたが、確かにそんな気がします。
マクロビオティックに対しておおらかに接するようになりました。
まだまだ小食はできないし、脱線ばっかりですが、少しずつ自分のペースで楽しんでいけばいいやって思うようになりました。マクロビオティックはきっと待っててくれます!
年にも陰陽があって、2年続けるとまたいいそうですよー。
そして7年にもひとくぎりがあるそうですし・・。
変化が楽しみです。

 
参考 奥津典子さんのセミナー(排出と望診)(Sugar Addicts)
    からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て(大森一慧)
    セルフヒーリングクックブック(クリステティーナ・ターナー)
    THEマクロビオティック、マクロビオティック健康法(久司道夫)
   

     
     
 
[PR]
by yuhibi | 2006-10-15 01:15 | マクロビオティック