カテゴリ:お手当て( 1 )

生姜湯とれんこん飴

しょうが湯
少し前のことですが、幼稚園の息子が「ちんちんがいたい」と言うので、見ると赤くはれています。いつもの倍くらいかなー。まずは主人に聞いてみると、「ばい菌がはいったんだろうなー明日も赤くていたがるようなら病院いったほうがいいんじゃない?」と。
翌日も赤くはれていましたが、本人がいやがらないならお手当てしてみようと思い、大森一慧さんの「自然派ママの食事と出産・育児」を探すと、ありました。「陰茎の先の炎症」、まさに^^。
薄いしょうが湯で洗いました。
コップにぬるくしたしょうが湯をいれ、おちんちんをいれて皮もなるべくむいて洗いました。
意外に神妙に洗われている息子。家族で笑っちゃいました。ごめん。
甘いものや果物はさける、とのことでしたので、できるだけ控えること数日。
それから三日くらいですっかり治りました。
お手当て、素敵。

れんこん飴
喘息もちの主人にと、以前里さんのブログで教えていただいた「節香蓮」を常備しています。
れんこんの粉末なのですが、袋に書いてあるとおり、おゆにといて飲むと・・・飲みづらい・・・。
そこで、米飴と葛と節香蓮を混ぜて火にかけて練って飴にしてみましたら、結構いけるお味に!
ちょっとチョコレート?みたいな味でおいしいんです。主人も「これなら息子も飲めるかもね」と。

土曜日、息子が軽く熱っぽく咳をしていましたので、寝る前に我が家のかぜっぴきの定番「林檎ジュースの葛ゼリー」と、この蓮根飴を勧めてみました。
時間がなかったので、米飴と節香蓮をまぜただけでしたが、やっぱりチョコレート?な味に^^。頑固な息子にしては珍しくすぐぺろっとひとなめ。「ん?」というかんじでしたがまたひとなめ。
「これおいしいね」とたいらげ、もっと!と。おおさじ2杯分くらいは舐めたかな。
翌日は熱はさがり、まだ咳は軽くしていましたので、甘いものはできるだけさけました。
その夜もひとなめ。

今日はもう元気になっていました。

れんこん大好きな我が家、昨日の鉄腕ダッシュで、蓮根とからしを育てて、からしれんこんを作っていて、みんなでくぎ付けでした。蓮根もからしも、とても手間と時間のかかるものでした。
蓮根を育ててくれる農家の皆様、いつもありがとうございます。
[PR]
by yuhibi | 2006-10-30 12:49 | お手当て