カテゴリ:田んぼ( 4 )

草取り二回目

田んぼの草取り2回目です。
1回目の草取りから2週間、取り残した草が育っています。

草がたくさん生えているところは、やはり稲の成長が悪い。

草をとり、「稲の栄養になってね。」とお願いしながら土中に埋める。

d0081524_1455813.jpg
子供たちはお絵かきしたりかえるをつかまえたり、いつものように待っててくれた。
今日は2人とも1度も田んぼの中には足を踏み入れず。
手伝ってとは無理じいしない。
「なんか小さいころ、うちの親田んぼにいってたな」なんて思い出してくれればいい。
待ってる間、娘が書いてくれた絵。


d0081524_15164994.jpg





草取り後、Nさんに、「完璧だね。もう3回目の草取りはしなくて大丈夫かも」といってもらいました。やったね。
もう草に負けないで大きくなれるね。
帰りは海で遊んで帰りました。
今日も裸足でたっぷり「アース」してきました^^。
[PR]
by yuhibi | 2007-06-10 14:55 | 田んぼ

田んぼの草取り

今日は田んぼの草取り1回目でした。
田植えをしてから約1ヶ月、早く田んぼに会いたくて飛んでいきました。

初夏の田んぼは草花と生き物であふれ、泥はぬくぬくとあたたかい。
草は水の上に頭こそ出していませんが、稲のねもとにびっしりと根をはっています。
Nさんが「草取りは泥のマッサージ。酸素をたくさん送ってあげる。草をとってあげると苗はいっそう元気になる」とおっしゃいます。また、「新芽にはパワーがあるから、抜いた草を苗のねもとに埋め込むといい肥料になる」とも。たしかに抜いた草、なんだか食べたくなるようなかんじです。おいしそうです。

友達とともに3時間ほどおしゃべりしながら休みながら作業します。しかし腰にくるな。

はだしで泥にはいり地面に「アースする」と帯電していた体から放電する、と教えてもらいました。うん、確かに体の中の余計なエネルギーが抜けて、代わりに地のエネルギーが体をめぐるようなかんじです。だから、体力的には結構ハードなんだけど、帰りには逆に元気になるんですよ。

子供たちはかえるを捕まえたり、お父さんに探検につれていってもらったり、今回も田んぼを満喫していました。
[PR]
by yuhibi | 2007-05-26 21:32 | 田んぼ

田んぼワーク2007

今年も田んぼワークに参加しています。

29日は田植えでした。

去年の反省をもとに、まっすぐに植えるための目やすになるひもや、子供たちの着替え、タオル大量(^^)などを準備し、わくわくして田んぼにむかいました。

田起こしや、代掻き、くろぬり、苗の準備などなど、すべて田んぼワークを主宰なさっているNさんが準備してくださった、美しい田んぼに足を踏み入れます。おたまじゃくしがわーっと逃げていきます。

ほわっと暖かい泥の中に苗を4、5本ずつそっと植えていきます。
少し深いところは冷たいので、まだ赤ちゃんの苗を大事に浅い暖かいところに植えます。
でも浅すぎると苗が水に浮いてくるので、その微妙な加減が難しい。

でもだんだんそのコツもつかめて、泥の中の足運びも慣れてきます。

子供たちはちょっぴりお手伝い。1メートル四方の子供エリアにだけ植えていいよ!と。
田植えは真剣勝負。遊びじゃないぞ。子供たちにまかせてたら収量にひびく!
とばかりにちょっと心のせまい親たちでした^^;
が、子供たちも田植えにはすぐあきる。
かえるを追いかけたり、持参した縦笛をふいたり、カメラで写真を撮ったりと、田んぼ周りを満喫していました。

終了後はいつもの温泉にはいって疲れを癒し、帰途につきました。
次は3週間後の草取りです。
楽しみーーー。

Nさん、一緒にいったFさん&Yさん、いつもありがとうございます。
草取りもよろしくねん。
[PR]
by YUHIBI | 2007-04-30 23:44 | 田んぼ

収穫祭

先日の日曜日は田んぼワークショップの収穫祭でした。
無農薬で、田植え、数度の草取り、稲刈りと楽しんできた我が家のお米、天日干し・乾燥を経てとうとう収穫です!15kgの実りでした。

収穫祭は、里山のステージでのライブと、おいしいお料理とスナックの数々、ワークショップを主宰されているNさんご一家の女性陣が作られたおいしくて優しいカフェメニュー、おいしいお酒、そして音楽、ときおり降る小雨でしっとりとした里山の空気と森、すべてがパーフェクトな空間でした!

本当に大変なところはすべてNさんご一家が面倒をみてくださったお米ではありますが、少しでも私たち家族の天塩がかかった我が家のお米・・・とっても大事に思えます。
丁寧に下ごしらえして、気をつけて炊いて、他のものと混ぜたりしないで、大事に味わっています。最大限においしさを引き出してあげたい。
あの空間の、山と水と風と生き物たち(本当に豊かな生き物たちの住みかなのです)みーんなのちからがあってのお米、と思うと、感謝せずにはいられません。

というわけで、頂く前にまず我が家のささやかな神棚におそなえしました。
「神様、ごちになります!」

けっして怪しいものではありません(笑)

d0081524_16362144.jpg

[PR]
by yuhibi | 2006-10-25 16:37 | 田んぼ